お金を返せない人へ

広げられた札束

貧乏はつらい…

生まれ持った生活環境が貧乏すぎて、大人になっても苦労しているという人が多いのではないでしょうか。
やはり世の中どんなことをするにしても、必ずお金は必要になりますよね。
お金がなかったらなにも買うことができなくなりますし、世の中のどんなサービスも利用することができなくなりなす。
そしてお金がない状態がずっと続いてしまうと、精神的に苦痛を感じることにもなるでしょう。
それは最終的にうつ病を引き起こすことになり、さらにそこから別の病気にもつながってしまうおそれがあります。
お金というのはあくまでもただの紙切れだという人がいますが、その紙切れに価値があると世の中で認知されている時点でやはり必要不可欠なものだと断言できるでしょう。
だからこそ誰しもが、お金をなんとかして手に入れるべく毎日嫌な仕事をしてでも稼いでいると思います。

ただ貧乏な状態だと、どんなに頑張っていても一向にお金が貯まらないと思います。
そして結果的に貸金業者から借金をするようになり、最悪の場合は多重債務者として生きることになったりするでしょう。
一度多額の借金をしてしまうと、多くの人は完済できずに一生借金の返済に追われることになると思います。
そうなるとなんのために生きているのかわからなくなり、自殺を考えてしまうかもしれません。

早く試してみよう!

もし本当に借金をどうすることもできないという状態の人は、なんとかして借金を減らすことを考えていかなければいけません。
ではどうやって借金を減らすことができるのか?
実はコツコツ払い続ける以外にも、借金を減らす方法があります。

その方法として挙げられるのが「債務整理」です。
意外と債務整理についてはあまり知らないという人が多いかもしれません。
債務整理をすれば、誰でも多額の借金を減額することができるようになります。
つまりこの方法をまずは頭に入れておくことが大事です。
なにも知らずにただ借金を返していても一生苦しむことになるだけなので、絶対に債務整理の方法は知っておいてください。

では債務整理とは具体的になんなのか?
これは要するに、借金のある生活を解消するための法的手段です。
厳密にいうと4つの手続きがあり、ひとつは任意整理、さらに民事再生、自己破産、過払い金請求に関する方法があります。
さらにいえば闇金との間で生じるトラブルについても、債務整理によって解決できる場合があります。
借金地獄から抜け出せる気がしないなら、債務整理を必ずするべきだといえるでしょう。

任意整理って?

では一般的に債務整理とはどんな方法が用いられているのか?
その人の状況によって結果は変わりますが、まず教えておきたいのが「任意整理」という方法になります。
任意整理というのは裁判所による手続きを通すことのない減額方法です。
一切裁判所は絡んできませんので、借金の当事者同士で話し合いをしていくのが特徴です。
ただ一般的には債務者の代理人と交渉することになりますので、直接債権者と話すわけではありません。
もっというと、弁護士や司法書士といった専門家が代理人と交渉する形となります。

任意整理を実行すると、無理なく分割で返済できるようになるまで減額することができるようになります。
そのため結果として、ゴールが見えなかった返済のゴールが一気に見えるようになるため精神的にもかなりラクになるでしょう。

また任意整理の場合は、ブラックリスト期間が短くなります。
基本的には5年間のブラックリスト期間となっていますので、そのあとはまたすぐに借金ができたりクレジットカードが使えます。
借金できなくなる期間が長いというのは結構しんどいと思いますので、その辺も考えるなら絶対に任意整理という方法がいいと思います。

民事再生とはなにか

小銭とお札

債務整理には民事再生と呼ばれる手段もあります。では民事再生とは具体的にどういったものなのか?こちらの方法についてもざっと解説していきたいと思います。もし自分に合っていそうであれば試してみてください。

[read more...]

最終的にはこの手段

資産のイメージ画像

自己破産という手も実は債務整理のひとつの方法としてあります。また自己破産は他の方法とは大きく異なる結果になりますので、自己破産についてもここでよく理解しておきましょう。

[read more...]

popular contents

何か思いついた様子

「本当にお金に苦しんでいるなら、債務整理をしよう!」の情報一覧です。

[read more...]