民事再生とはなにか | 本当にお金に苦しんでいるなら、債務整理をしよう!

民事再生とはなにか

小銭とお札

ではさらに他の債務整理について紹介していきたいと思います。
まず債務整理という方法の中には「民事再生」と呼ばれる方法があります。

民事再生は個人民事再生とも呼ばれていて、財産を維持した状態で大幅な減額を実現することができます。
そして3年間で無理なく返済できるように手続きを進めていきます。
実際に民事再生によって減額をしたあと、無事に完済することによって再生計画の対象となった借金の返済義務が免除されます。

また民事再生については、厳密にいうとさらに2つの方法があります。
ひとつは小規模個人再生と呼ばれるもので、これは住宅ローン以外の借金が5000万円以下かつ収入が継続的に見込める人のみが利用できます。
小規模個人再生は法律で定められている最低弁済額か、保有している財産の総額のいずれか多い方の金額を返済する形となります。

そしてもうひとつが給与所得者等再生という方法があります。
これは小規模個人再生が使える人の中でも、安定した収入がある人かつ収入の振れ幅が小さい人のみが利用できます。
基本的に清算価値や最低弁済額、さらに収入から所得税や生活費などを差し引いた金額(2年分)のうち、多い方の金額を返済することになります。
そのため先ほど話した小規模個人再生と比べて、返済額が高額になるという特徴があります。
ただ、小規模個人再生で求められる貸金業者数の半分以上、もしくは債権額の半分を超える反対がないことといった条件がありません。