最終的にはこの手段 | 本当にお金に苦しんでいるなら、債務整理をしよう!

最終的にはこの手段

資産のイメージ画像

今回は債務整理の中でも、最終手段と呼ばれている方法について紹介しておきましょう。
その手段というのが「自己破産」です。

自己破産というのは裁判所を通して、借金の返済をせずに済む手続きをおこないます。
他の債務整理の場合は基本的に借金の減額をするケースになりますが、自己破産だと減額どころか帳消しになるわけです。
だから借金とは一気に無縁な生活を再スタートすることができるようになります。

ただし、自己破産をするためには条件を満たす必要があります。
それは「支払不能かどうか」です。
抱えている借金を返済できる余地がある場合は、自己破産をすることができません。
あくまでも現状の借金の状態と、収入面や家庭環境を踏まえた上で支払不能と判断された場合にのみ、自己破産の手続きを始めることができます。

また自己破産をする際には、自分の持っている財産をすべて没収されてしまいます。
借金が帳消しになる代わりにすべて持っていかれてしまうので、その辺は十分気をつけなければいけません。
ただし最低限の生活を送る上でどうしても必要になるものについては没収されませんので安心してください。

さらに、自己破産をすることによってブラックリスト期間が最大10年間になります。
たとえば任意整理の場合は5年間になりますので、下手すれば2倍以上のブラックリスト期間が設けられてしまうかもしれません。
そのためその間は借金ができなくなりますので、お金の運用についてはしばらくの間慎重におこなわなければいけません。